Products・Service

Lunascape社内イメージ

事例紹介

新製品の立ち上げにLunascape インストールバンドル広告を活用
株式会社メディアナビの取り組みと結果

インストールバンドルはLunascapeのインストール時に他社の便利なアプリケーションをご紹介するサービスです。興味を持ったユーザーがそのままアプリケーションをダウンロードできるため、製品の認知向上や仕様版・体験版の配布に適したLunascape独自の広告媒体となります。この広告を活用し、新ジャンルの製品プロモーションを成功させた株式会社メディアナビ 様の事例を同社取締役プロダクトマーケティンググループプロデューサーの長沢匡晃氏にインストールバンドルを利用した経緯と成果をお伺いしました。

インストールバンドルなどLunascapeの広告媒体資料はこちら

概要
株式会社メディアナビはパソコン向けアプリケーションの企画、開発、販売を行うソフトウェアベンダです。「らくちんCDラベルメーカー」をはじめとした、パソコンを簡単に活用できる「らくちん」シリーズを中心に数々の優れたアプリケーションを発売しています。
株式会社メディアナビの製品

課題
株式会社メディアナビはラベルや写真などを簡単に作成できる印刷系のアプリケーションを販売し実績を重ねてきましたが、2008年11月に発売した「らくちん動画変換」は同社にとっては新しいジャンルへの進出となり、知名度のない状態のため、店頭販路の確保に苦戦する形でのスタートとなりました。この「らくちん動画変換」をどのように認知させていくかが同社の課題でした。

効果
インストールバンドルの開始により体験版のダウンロード数が急増。その後、Amazonでの販売数の増加や店頭での指名購入など認知向上の成果が現れました。

ターゲットが異なる新ジャンルへの挑戦

株式会社メディアナビ プロダクトマーケティンググループプロデューサー 長沢匡晃氏 私たちメディアナビは簡単にパソコンを活用できる「らくちん」シリーズを中心とした、コンシューマ向けのパソコン用アプリケーションの商品企画からプロモーションまでを行うソフトウェアベンダです。「らくちん」シリーズの歴史は長く、Windowsが普及したころから、パソコンで簡単にラベル印刷ができる「らくちんCDラベルメーカー」や簡単に写真が印刷できる「らくちんフォトプリント」などのアプリケーションを発売していました。さらにこれらの印刷関連のアプリケーションから発展したオンラインプリントサービス「navi'nStyle」やプリンターのインク消費量を抑える「inksaver」なども展開し、印刷関連のソフトウェアベンダとしては認知と実績を得てきました。

これらのアプリケーションは印刷というジャンルで括られると同時に、パソコンに取り込んだデータを紙という形に出力して残したい方々が対象となるため、ターゲットの年齢層が比較的高いという特徴があります。

2008 年11月に発売した「らくちん動画変換」はこの意味でメディアナビにとっては二重に新しいジャンルへの挑戦となりました。1つは動画変換という新しいジャンルへの挑戦です。店頭でパソコン向けアプリケーション売り場をご覧になれば分かると思いますが、印刷系のアプリケーションと動画関連のアプリケーションの売り場は異なります。アプリケーションとしてのジャンルが異なるからです。また、動画変換はパソコンに取り込んだデータをiPodなどのモバイル機器で視聴したい、比較的若い年齢層をターゲットとしたアプリケーションでもあります。印刷系アプリケーションの異なる年齢層へのプロモーションという意味でも新たな挑戦だったと言えます。

らくちん動画変換2イメージらくちん動画変換2 動作画面イメージ

「らくちん動画変換」のパッケージと動作画面。2010年3月現在、バージョン2に進化している。

インストールバンドルの活用と手応え

Lunascapeのインストールバンドル広告を知ったのは、「らくちん動画変換」の発売直前でした。Lunascapeの営業担当者より紹介され、新商品である「らくちん動画変換」のプロモーションを検討することになったのです。

検討はしたものの、果たしてどれほどダウンロードされるのか、ダウンロードした後にどれほど購入につながるのかは正直未知数でした。担当者からはLunascapeそのもののダウンロード数やこれまでの実績などから予想は伝えられたものの、アプリケーションへのバンドルは初めてだったため、なかなか判断はつきませんでした。しかし、Lunascapeがコンシューマ向けアプリケーションであるという点、比較的若い年代が主なユーザーであるといった親和性からインストールバンドルを行ってみることにしたのです。

Lunascapeセットアップ画面イメージ

インストールバンドルの結果は興味深いものでした。ダウンロードはLunascape自身がプロモーションを行うタイミングで劇的に増加しました。この時期はダウンロードが止まらないようにメディアナビのダウンロードサーバを頻繁に監視していたほどです。 ダウンロードから購入への導線としてはメディアナビの直販サイト「メディアナビ・ダイレクト」を用意していたのですが、直販サイトでの販売実績を確認するにはしばらく時間が必要でした。ダウンロードされた「らくちん動画変換」は体験版であるため、まずはユーザーに使っていただいて、その後に購入となるためです。

じつは購入の割合はダウンロード数ほど劇的なものではありませんでした。しかし、体験版から購入へ至るまである程度時間が必要との認識はあったため、しばらく様子を見ていましたが次第に直販サイトとは別なルートでの手応えを感じるようになったのです。

新商品立ち上げの認知向上に最適

「らくちん動画変換」は直販サイトだけでなく、Amazonでも販売していましたが、ここでの販売数が増加を始め、常時ランキングの上位に登場するようになりました。また、店頭で「らくちん動画変換」を指名購入するお客様も増えてきたとの報告を得ました。この報告は店頭でパッケージを展開する助けともなり、現在は動画関連コーナーにて「らくちん動画変換」をお求めしやすくなっています。

これらの手応えを得るまでの間、メディアナビとしてはLunascapeのインストールバンドル以外のプロモーションを行っていませんでしたので、明らかにLunascapeによって認知度が向上したと考えられます。Lunascapeと併せて「らくちん動画変換」をインストールし、体験されたユーザーが直販サイトとは別の方法で購入に至ったのでしょう。Lunascapeとのバンドルの効果を最大限に活かすため、ダウンロードサイトの連動企画なども積極的に実施し、2009年秋にはBIGLOBE SOFTPLAZAにてSOFTPLAZA大賞『マルチメディア部門賞』を受賞することもできました。

一連の流れを振り返ると、アプリケーションをインストールし、体験させることができるLunascapeのインストールバンドルは新商品の認知度向上に大きな効果があったのだと思われます。今後も新商品を立ち上げる際はLunascapeを活用したプロモーションを検討したいですね。

株式会社メディアナビ様イメージ